アニメ・マンガ好き女子大生ほのかの暴走ブログ。好きなこと好きなように書き散らします。ほぼオタク話ですけど。


by girlish-magic
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

狂った?

私のあるお友達の話。

その子とは幼稚園からの幼なじみです。親同士が仲いいので。小学校から高校まで一緒でした。そして声優好き、アニメ好きに関して私とおそらく一番感覚が近い理解者です(笑)カラオケ行って5時間アニソンオンリーでいけるのこの子とだけですから。

その子は私の本来の年齢と同い年なので、去年高校を卒業して、地元のファッションビルでバイトで働いています。今まではアクセサリーショップで働いてたんですが、3月からはいろいろあって同じビルの某お洋服のブランドで働くそうです。
本当は某アニメ系学校の声優科に行きたいと言ってたんですが、まあ、いろいろあって結局行けなかったんです。

高校卒業して見られる職業だからということもあるんでしょうが服の量は爆発的に増え、かといって趣味が変わるわけではなくアニメ声優関連のCDの数も爆発的に増え、私もその恩恵に預かっており、まあ、最近の彼女はそんな感じなんです。

・・・バイトですからフリーター、ですよね。しかもパラサイトの。


まあ、そんな彼女のことをうちのお母さんと話していたんです。お母さんは「あの子これからどうするつもりなのかしら?」とよく言っているんですが。

こんな一言が。














「あの子もアニメに人生狂わされたのね。」






















・・・どう思いますよ?




まあ、お母さんが言いたかったのは?高校も自分の怠慢のせいで本命には落ち、最近問題になっていた東京での新住居問題でも結局アニメが見れる方を取った私の人生『も』というのが言いたかったことなんでしょうがね?(にっこり。)


お母さんの言い分は、「だってせっかくあっちのお母さんが持ってきた学校の話も全部蹴って今の状況よ?アニメにこだわりすぎたからの結果でしょ?今は。」だそうですが。


私は彼女の人生が狂ってるものだとは決して思いません。もちろん私の人生も。


だあって、第一に今年やっとこさ成人になろうか、って奴の人生がどーだのこーだの言えますか?始まったばっかでしょう?しかも他人の人生を勝手に狂ってるって決め付けるの?

冗談で『ファフナーに人生狂わされましたーvv』とか書くことはありますけど、お母さんが言ってたニュアンスってのは「あんた達は人生の選択を間違えてる」みたいな感じだったんで頭に来ちゃったんですよ。

彼女確かに宙ぶらりんな状況ではあると思います。
でも決して今の状況が嫌いなわけではないと思うんですけど。好きな洋服着れて、好きなCD買えて。
狂ってる、と彼女が思ってればそうなのかもですけど。彼女にしか結局は決められないじゃないですか。自分の人生の評価なんて。だから、お母さんの言ってることが大きなお世話だと思った。


・・・まあ、これは私が彼女の目線だから、の意見。
やっぱり親の目線になると、違うのかもしれません。

それがはっきりわかったのがこの会話。

彼女が学校にお金の関係で結局行けなくなった、という話をお母さんから聞いたとき。私が珍しくお母さんの前でこのことに対する率直な感想を言いました。「かわいそう。」と。

だって、直前まで行く気で土壇場に来てやっぱりダメだって言われて。
世間にはその学校に行って学べてる子がいっぱいいるのに、彼女は好きなことについて学ぶことさえできなくて。やっぱり声優にはなれなくても。
他の学校、って言われたってそう簡単に方向転換できるわけないじゃないですか。行く気になってたものを。好きでもないことを学べと?
それに比べて私は、なんとか東京の私大に行けるお金はあるんですよ。(その当時は行けるかもでしたが。)
同情ですが、やっぱりかわいそうというのがその時の率直な感想でした。親の都合とお金に振り回された彼女への。

そしたら母は「何がかわいそうなの。学校に行けないから?だってないんだからしょうがないじゃない。」

・・・違うんですよ、やっぱり。親と子の目線ってのは。


まあ、私も一時期は本気で声優になりたいと思ってたから、彼女の状況を自分と重ねたんですよね。

演劇部に入ったのもやっぱり声優になりたい、と思ったのがきっかけだったし。
どうしても大学は東京に行きたかったのは、声優の専門学校に通いたかったから。すぐには行けなくても、声優になれるはずはないとわかってはいても。一度なりたいと思ってしまったから一度はチャレンジして人生終わりたい、と。

・・・でも、最近そうも思わないんですよ。

好きになればなるほど今どれだけ声優になりたい人がいるか少しずつわかってきました。
それに、私の「好き」は「なりたい」種類の「好き」なのか?と疑問を感じるようになりました。
だってもし10億分の1声優になれたとして。それは私のお仕事になっちゃうから、今私が声優さんを好きな気持ちは、確実に変わります。つーか消えますよね。今までの気持ちは。
普通に就職して、今まで通りファンとして声優さんを好きって気持ちを持ち続けた方がいいんじゃないかと。少しだけお金が増えて、CDとかいっぱい買えるようになって。それで私は十分なんじゃないかと。

今の彼女のように。

やっぱり将来何かしらアニメに携わりたい気持ちはありますけど。


まあ、とにかく。

私と彼女の人生がアニメのせいで狂ってる呼ばわりされたことがすんごい頭にきたんですよっ!!!

狂ってません!!つーかお前が決め付けんなっ!!
私の寮生活なんかまだ始まってもいないのに何今から失敗したみたいに言ってるんですか!!!

そんなわけで例え寮生活が失敗だったとしても絶対この親には弱音を吐くもんか、という決意を新たにしましたっ!!(怒

・・・アニメのせいで狂ってる、なんて言われないようにしっかり人生生きないとなと思いました。
アニメに失礼だもん。


ちょっと、最初の文から削り&修正を入れました。
書き終わってから「なんつー長い文を・・・」と我に返って。まだ長いけど(^^;
頭に来たからバァーッと書いちゃったんですよね・・・遅めの反抗期かも。
[PR]
by girlish-magic | 2005-02-06 20:53 | 思ったこと。